FAQ お客様からの良くあるご質問

土地のこと、プラン等のこと、お金のことなど、
良くあるご質問を紹介します。

ここに掲載されていないご質問も、お気軽にご相談ください。
当社スタッフが、納得ゆくまで丁寧にお答えいたします。

これからも、皆様のご参考になるような質問などありましたら、掲載して参ります。

 

<会社について>

Q:何をしている会社ですか?

A:岡山県全域をメインに木造住宅の設計・施工と住宅のリフォーム工事と
鉄骨造や鉄筋コンクリートの物件などを設計・施工しています。

 

 

<あらいの建設の住宅について>

Q:木造住宅の特徴は何ですか?

A:構造材に岡山県産の桧や杉を使用しています。床材や造作材(巾木や戸の枠)も
無垢の木を使う事と、建具も岡山の建具屋さんに製作してもらったものを納めています。

 

Q:基本プランや決まった設備はありますか?

A:特に決まったプランはありません。
私たちの家づくりはお客様の要望を最大限取り入れる事と+αの感動を提案しています。
その中には採光や風の流れを読み取る事と、近隣の環境を考慮したうえでプランニングをし、
お客様が長く心地よい住まいができるように心掛けています。
設備機器も決まったメーカーはありません。お客様のお好みでお選びいただきます。
また、キッチンや造り付けの本棚や机などを家具で製作することも予算応じて可能です。

 

Q:断熱性は考えてありますか?

A:断熱材の役目の一つに冷房時や暖房時に室内の温度を室外に逃がさないということがあります。
断熱材の性能が高ければ外に逃げる事は少ないですが、そのほかに住宅の隙間が問題になると私たちは考えています。
暖房時にコンセントやスイッチ周りから冷気が入ってくるのは住宅のどこかに隙間があり気密性が低いという事です。
あらい建設では断熱材の性能が重要なのと同様に気密性も重要だと考えた家づくりを考えています。

 

Q:家づくりを相談したらどこから費用が掛かりますか?

A:プラン・パース等の資料と概算見積書・資金計画の作成までは費用を頂いておりません。
ここから具体的な打合せ(実施設計)に進む時点で設計費の一部として15万円を頂き実施設計に進みます。

 

Q:アルミサッシでなく木製建具を外部で使いますか?

A:よく提案をしています。
木製建具は隙間風が入ると言われますが、当社では建具金物やパッキンを用いて外からの空気が入りにくい工夫をしています。
アルミサッシより自由な寸法で開口が作れるのと、内部の木と調和した空間が可能となります。

 

Q:DIY施工等はできますか?

A:もちろん可能です。床材の塗装や左官工事など参加してみたいものがあれば気軽に言ってください。
以前施工した例では、土間コンクリート打ちの日にご家族の手形を残されたお客様がいらっしゃいます。
また、内壁の塗り壁や、ウッドデッキ施工を一緒に作業していただき楽しい工事となりました。

 

Q:坪単価はどのくらいですか?

A:わたしたちが施工する住宅は一棟一棟お客様と打合せを行いながら作っていくものなので一定の坪単価がありません。
もちろんお客様の予算の中で出来る限りの要望と、心地よい暮らしが出来るような住宅を造っています。

 

Q:ハウスメーカーとの違いは?

A:わたしたちは年間約20棟の新築をしていますが一棟一棟を手作りで丁寧に造り上げていく事をモットーとしています。
特に量産品やフェイクより味わいの出る無垢の木を出来るだけ使うよう心掛けています。

 

Q:保証はどうなっていますか?

A:住宅瑕疵担保履行法はJIOに加入し全ての物件について追加外装下地検査を行っています。
また内装各部位については保証期間を定めています。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

 

Q:和風の住宅しか作らないのですか?

A:和風だけでなく、モダンな住宅や洋風の住宅なども提案しています。

 

Q:自分でも出来る範囲の工事に参加する事は出来ますか?

A:もちろん出来ます大歓迎です。 お客様の夢でもある「マイホームづくり」を共にさせていただく事で、お客様はもちろんのこと、私たちも心に残るいい記念になると考えております。
以前施工した例では、土間コンクリート打ちの日にご家族の手形を残されたお客様がいらっしゃいます。
また、内壁の塗り壁や、ウッドデッキ施工を一緒に作業していただき楽しい工事となりました。

 

Q:アフターメンテナンスはどうなっていますか?

A:半年、一年、二年、三年、五年、十年の無料点検を実施しています。

 

 

<リフォームに関して>

Q:リフォーム工事はどういったことをしていますか?

A:あらい建設では一般的にリフォーム工事と言われている分野を三種類に分けています。
  1.リフォーム   屋根の葺き替えや外壁の塗替え、キッチンなどの設備機器の入れ替え
  2.リペア     タイルの補修や雨漏りなどの修繕 襖や障子の張り替え等
  3.リノベーション 新たな提案と断熱・気密改修などの付加価値を考え心地よい住環境を提案
創業から50年数年、地域の家守りとしてお客様のあらゆる要望からの経験と実績がありますので、住まいに関する事なら何でもご相談ください。

 

Q:外壁や屋根の塗り替えはできますか?

A:もちろん施工させていただいています。

 

Q:簡単な修理などもできますか?

A:今までにも屋根裏のイタチや白蟻の駆除、排水のトラブル、漏水調査など住まいに関するものについてはお役にたてられるようにしています。

 

 

<その他>

Q:土地を探してもらうことはできますか?

A:希望地域と敷地の大きさ・予算を言っていただけたらお探しいたします。

 

Q:保証内容はどのようになっていますか?

A:住宅には柱や梁などの構造耐力上主要な部分については品確法により定められる住宅瑕疵担保履行法で義務付けられており、自社ではJIOを採用しています。さらに追加外装下地検査を全てに受けています。また、その他の部位につきましても部位ごとに保証内容と期間を定めています。

 

Q:インテリアの内装材を選ぶポイントは?

A:インテリアの要である内装材を選ぶ判断基準は見た目以外にもあることを理解しておくと良いでしょう。基本的には、各自の好みで選ぶのが一般的ですが、以下のような点にも注意をむけて材料を選択しましょう。

・経済性-見た目が良い物はだいたい値段が高いものです。壁と天井の面積は床面積よりはるかに多いことに注意しましょう。気をつけないとあとで計算したらギョッとする値段になってしまいます。

・シックハウス-シックハウス症候群になってしまった人のほとんどは、自分は大丈夫だと思っていたのです。シックハウスの起因要素としてまず内装材がそのほとんどを占めます。仕上げ材の諸性能の確認を怠ると、あとで後悔します。
化学物質を吸着・分解する内装材も最近盛んに流通しています。

 

Q:今までどのような建築物をつくっていますか?

A:社宅の営繕から創業し木造住宅の新築とリフォーム、鉄骨造や鉄筋コンクリートの住宅や賃貸マンションなどを手掛けてきましが、現在は特に木造住宅の新築とリフォームに力を入れています。

 

Q:光や通風を家全体に取り入れたいのですが?

A:小さな面積でも光庭や坪庭をつくると、採光、通風、快適感のある空間が作り出せます。
居間や食堂に面してだけでなく、浴室や廊下、玄関ホールなどに面して光庭や坪庭などの小さな庭を造ると、風通しも良くなり、自然の光が快適さを向上させてくれます。

屋外とのつながりを取ることにより想像以上に、うるおいと開放感のある空間が生まれます。
小さな庭は、地面まで光が届きにくいので、床は水はけを良くして、湿気でジメジメしない素材を使うことが大切です。
また、ごみだまりとなりやすいので、光庭の手入れができるように、出入り口を作っておくことも必要です。

 

Q:メンテナンスのかからない庭を造りたいのですが。

A:濡れ縁を広くした様な、広いデッキのある庭をつくりましょう。
庭を手入れする時間が取れなかったり、年齢的に庭の手入れが、もう大変という場合には、居間や食堂につなげて広いデッキを造ることをお勧めします。

デッキは、地面から離して、室内の床と同じ高さにすると使いやすく、デッキ下の風通しも確保できて湿気による傷みが違います。デッキ以外の部分には、手入れの簡単なクローバーやハーブなどを植え、白い花や甘い香りを楽しむのもいいでしょう。シンボルツリーとして落葉樹を植えると、夏は木陰で涼んだり、冬は日なたぼっこを楽しんだりできます。

また、デッキの傍にファイヤースペースを造っておくと、火を眺めたり、バーベキューをしたりと、アウトドアを楽しむことができます。

 

Q:庭に子供の遊び場を造りたいのですが?

A:子供は、空間さえあればそこを楽しい遊び場に変える、天才的な能力を持っています。
鉄棒やブランコを置くのも一つですが、庭の床仕上げや置石、塀も遊び心を持って作るだけで飛び石になったり、平均台になったりします。塀やパーゴラも肋木になったり、庭木も木登り用の木にもなります。

また、庭に生える草花や、昆虫、木の実などを勝手に遊びのツールにしてしまいますので、普通のガーデニングにちょっと子供のための遊び心を加えるだけで良いのではないでしょうか。あと、やっぱり基本は土いじりでしょう。この場さえ提供すれば、他に何もいらないかもしれません。
幼児には、簡単な砂場と水遊びができる場所を、家事をしながら子どもを見れるところに作ってあげると、思いっきり砂遊びなどを楽しませることができます。

 

 

■お客様相談窓口

株式会社あらい建設 〒702-8004 岡山市中区江並79-20
お客様相談窓口 Tel:086-277-6121(代)
受付時間:平日月~金 午前9:00~午後5:00(当社定休日:土・日・祝祭日・盆休み・正月休み等を除く)

※その他メールフォームからのお問い合わせはこちらから

 

あらいの原点と哲学  あらいのこだわり  あらいの住まい実績  あらいの商業建築実績  会社概要

あらいのリフォーム  お問い合わせ  プライバシーポリシー  TOP