あらい建設 住まい あらい建設 住まい あらい建設 住まい

あらいの住宅実績集です。

あらい建設は、この世に2つとない「住まい」づくりを目指します。

株式会社あらい建設 その他実績集

 

 新たなセカンドライフをスタートさせる住まい

新たなセカンドライフをスタートさせる住まい 床面積78坪の大きな住まいを息子さんご夫婦に譲り、新たなセカンドライフをスタートさせる為の平屋の住まいを新築させていただきました。僅か29坪のお宅ですが、LDK・寝室・仏間兼書斎・クローゼット・トイレ・洗面脱衣・浴室と必要最小限に抑えている為空間は広々、小屋裏には大きな収納を設けているので収納力もたっぷりです。
以前のお宅は鉄骨造で部屋も大きく、断熱材も乏しい為、冷暖房の光熱費がかなり掛かっていましたが、今回は断熱の選定にもこだわり、リサイクル可能でエコロジーな羊毛の断熱材や遮熱シートを採用。また、内装材には珪藻土や無垢の杉板材を使用しているので調湿効果も抜群。以前との違いに大変感動していただいています。 勾配天井のLDKの東面にはサンルームを設け、そこには奥様自慢の観葉植物が並び、週末にはご友人を招待して、ご主人お得意の蕎麦打ちで腕を揮われています。

※KK.Arai

 親子が独立しながらも、互いに行き来出来る住宅

親子が独立しながらも、互いに行き来出来る住宅 今まで古い長屋に住まわれていて、当社でメンテナンスをさせていただいていましたが、今回建てかえをさせていただきました。
お客様の要望として、親子がそれぞれ独立した生活が出来ること、シンプルで使い勝手が良く、将来間取りの変更がしやすいことが上げられました。
プランとして東側に親世帯の平屋とし、全てが完結できるようリビング、ダイニング、キッチン、ベッドスペースを入れています。
西側の子世帯は総2階とし、1、2階ともワンルームとしています。
※KK.Arai

 田ノ字プランを現代風にアレンジした平屋の住宅

K邸お客様の住まいに対するイメージは、ご夫婦お互いが生まれ育った実家 (玄関から廊下があり、それぞれの居室に行く。二間続きの和室・縁側等)でありました。

 

その中から、今のご家族のこれからの生活を考えた住まいとしています。断熱材はお客様から要望のウールブレス(羊の毛を使った断熱材)や、外壁にはメンテナンスフリーの 焼杉板目板押え(本焼)を採用しました。
設備に関しては、お客様が広島のショールームや当社で施工した物件で実際に体感したガス式床暖房を設置しています。当社からの提案は軒を深く出し、化粧タル木とすることで 日本住宅の美しさを提案しています。

※KK.Arai

 家族の気配を感じる住まい

A邸家族に居場所がわかる住まいで、吹き抜けを設けました。冬は寒いのではないかということで、断熱と気密には十分検討し、現場発泡ウレタンにしました。

 

玄関を入ると、シューズクローゼットあり、履物その他のものが十分収納できるようにしています。引き戸を開けて居間に入ると、吹き抜けのあり、伸びやかな空間が現れます。居間からはキッチン、洗面所、和室4.5畳と繋がっており、その裏に便所があります。
居間、洗面、和室と迂回できる平面になっています。階段を上がると、吹き抜けの両サイドに、寝室と子供部屋を配し、遊んでいる気配がキッチンでもすぐわかります。子供部屋にはキャスターの付いた家具があり、将来間取りの変更が容易にできるようにしています。

※KK.Arai

 キッチンから全てを見渡せる住宅

K邸南北3区画の分譲地の真中にある敷地に建つ住宅です。
キッチンを家の中心に据え、そこからリビング、洗面所等を配置し、家族の気配を感じられる住宅としました。また、庭をリビングや台所からでも 眺められるような配置とし、四季を感じる生活が出来るようにしています。

 

特にキッチンは床から20センチ低く目線を下げる事で、子供が庭にいる時や、テーブルに座っている人ともコミュニケーションを図り易くしています。
リビング階段を上がると6帖の多目的ホールは子供の遊び場であり、将来は書斎としても使える様に提案しています。二畳の和室の空間は天井高さを抑え落ち着いた空間としています。

※KK.Arai

 四季の家 数奇屋造りの住まい

K邸門を入って、路地を通って、引き違いの格子戸を開けると少し薄暗い玄関に、暑さ10cmの欅の式台、下駄箱の上には中庭を望める、丸窓があります。

 

ホールは畳で、右に中庭を見ながら廊下を進むと、冬の陽だまりがとても暖かい、入側の広縁があります。突き当りには水屋を配し、座敷を茶室として使うこともできます。二部屋続きの座敷には、一間半の床、床には天然出絞の床柱が、床框は女桑の春慶塗りになっています。

 

施主の知人が飛騨高山で春慶塗りをしておられ、岡山から材料を送って作製してもらったものです。築35年になりますが、全体に程よく木材が日焼けし、しっとりと落ち着いた雰囲気になっています。

※KK.Arai

 ご両親のための住まい

K邸お施主様がご両親のための住まいを、ご自分で設計をされ、あらい建設で建築させていただきました。

 

外観は大屋根造りで、近所の方がちょっと立ち寄られて、話できるように、南側に縁台(今でいうデッキ)があります。内部は全てバリアフリーになっており、リビング ダイニング キッチンは広く、リビングには薪ストーブもあり、屋根裏が見え、のびやかで憩える空間になっています。

二階の和室からもリビングの様子の気配が分かります。キッチンは将来車椅子が必要になっても対応できるように、台下の物入のない造り付けになっています。

※もえぎ設計

 洗練された日本伝統美の家

K邸お客様のご接待が多いご自宅なので、玄関ホールを十分に広くとっています。

玄関から2階に上がる化粧階段があり、どこにいても来客が分かるように、玄関の南側に床の間があり、居間と一体になり、大きな空間にできるようになっています。
居間には薪ストーブ落ち着く空間です。居間の北側に台所が、その裏には奥様のコーナーや収納が十分とっています。
コの字のプランの北側にはギャラリーコーナーも設けられています。

※神家昭雄建築研究室

 R壁の家

K邸東道路で玄関が東面の中央にあり、南面に東から南にアールの壁で外観を優しくしています。

玄関からゆったりとしたホール、2階に上がるゆったりとした階段があります。南側に居間が、南にアール壁があり優しい空間になっています。居間の西面に座敷、コーナーの地窓に不安定そうな違い棚が、和室を引き締めているようです。
縁側には瓢箪型の明り取り、居間の北側に、台所と食堂があり、2階に主寝室と子供部屋になっています。

※KK.Arai

 キッチンに集う家

K邸玄関を入ると北側に和室、その隣が無垢の松の板に流しを据えた、対面キッチン(Iランド型)その後ろにはIH電磁調理器があります。その奥が居間になっています。

居間の南と西に大きな開口があり、西には緑の田んぼがさわやかです。居間から2階に上がるようになっていて、家族の動きがどこにいても感じられる住まいになっています。
階段を上がると共用のホールがあり、作り付けのカウンターが、家族のコミュニケーションの場になっています。

※宇川建築計画事務所

 南欧風の家

K邸白い塗り壁にオレンジ色の洋瓦が青い空と溶け合う南欧風の住宅です。

 

輸入品の玄関戸と壁に張られた古耐火レンガがよりいっそうイメージを感じさせられます。吹抜けに埋め込まれたブルーのガラスブロックがやさしい光をリビングに運んでくれます。
内装のアクセントに古材も取入れ、タイル張りの洗面所、タイル張りの造り付けキッチンにも施主様のこだわりを感じさせられます。内装の塗り壁、和紙張りは全て施主様 のDIY。
当時はこのDIYが最もはやっていました。休日も返上で、竣工前には徹夜で壁を塗られていた当時を思い出します。 塗り壁に押された手形が当時の面影を残していることでしょう。

※宇川建築計画事務所

 門田文化町の家

K邸旧道より約4メートル高い敷地の古い平屋の住宅を解体し建替えました。

お客様がお茶時をされるので和室のモジュールを本間(ホンケン)とし、それ以外は 中間間(チュウカンマ)としています。LDK形式としていますが、キッチン部分は引戸で 区切られるようにしています。土台や柱は桧、梁・桁は地杉とし、造作材についても杉や桧の無垢材を使い落ち着いた空間に仕上げています。

工事中は、重機やトラックが入れないのでほとんどの材料を人の手で搬入しました。

※KK.Arai

 シルバーと木のぬくもりを生かしたモダンな家

K邸狭小地に建つ住まいです。
八区画の建売として企画された団地に、家族4人の住まいを計画しました。すでに4軒建っている街並みの雰囲気を大切にした外観にしています。1階が鉄筋コンクリートで、2階3階が木造の混構造になっています。

 

1階には車2台のスペースと予備室、便所をとり、2階にリビング、ダイニングキッチンと洗面所、浴室、便所を配置し、3階は寝室と子供部屋、小屋裏には収納、小屋裏からは2帖ほどの見晴らしの良いバルコニーがあります。
2階のキッチンはブラックチェリーを使って、制作家具を据えています。

 

お客様の希望を十分取り入れた理想のキッチンになりました。隅々までこだわり、玄関引き戸の取っ手には、黒柿で別注で制作しました。毎日触れて愛着のでる取っ手になっています。

※KK.Arai

 薪ストーブのある暖かい家

K邸ご両親の西隣に、若夫婦の住まいを増築、玄関から中に入ると、右に和室と木をふんだんに使った居間、そこには薪ストーブが設置されています。

居間の北側にフラットなステンレスの対面キッチン、居間から見える2階への階段、キッチンの側には便利な家事コーナー、北に水周りがあります。

2階に上がると南に面して将来間仕切りができるロフトのある子供部屋、その奥に寝室があり、明るい部屋になっています。

※宇川建築計画事務所

 洗練された近代和美のある家

K邸1階部分を鉄筋コンクリート造 2階が木造の洗練された近代和美の家です。玄関の周りは打放しコンクリートに囲まれ、冷たい感じがありますが、木製のドアが、暖か味を感じさせながら、シャープな仕上がりになっています。

ホールに入ると壁際の明り取りが、ほどよい陰影のある空間をつくり出しています。打ち放しのコンクリートに囲まれた和室も、モダンでシャープな部屋になり、東面にある地窓からみる坪庭が和風を一層際出させています。
階段を上がるといきなり、開放感のある居間に入ります。キッチンの後ろのカウンターが収納になり、家事をするコーナーになり、使い勝手良くなっています。

※神家昭雄建築研究室

 ぬくもりのある開放的な家

K邸あらい建設 企画の「いきいき季の家」をベースにできあがった家です。

 

素材は全て本物を使っています。
外壁は漆喰塗仕上げ、内部の床は桧フローリングを、壁は再生紙とウッドチップから作られたエコロジー壁紙、天井は杉板です。

 

1階はリビング、ダイニング、キッチンと洗面上、浴室、便所、2階に寝室と子供部屋になっています。2階は屋根勾配に天井を張ってあり大きな空間になっています。

1部ロフトもあり、子供にとってはわくわくする場所です。南面には明り取りある下屋付きのデッキを設けて、楽しめる空間になっています。

あらいの原点と哲学  あらいのこだわり  あらいの住まい実績  あらいの商業建築実績  会社概要

あらいのリフォーム  お問い合わせ  プライバシーポリシー  TOP